読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルドヤンキーにさよならを

おすすめの漫画、アニメ、ブログ、AV機器を紹介していきます

始めてヒカキンのyoutube動画を観たんだけど、これ、アマチュアじゃなくてプロの仕事だ。新海誠だ。

スポンサードリンク

すいません今までヒカキンのことを、youtuberのことを舐めてた。



本格的にドラゲナイやってみた!SEKAI NO OWARI「Dragon Night」 - YouTube

まあ、ちょっと見てみてください。
1秒2秒のタイミングで編集点を入れて、カットカットでつないで飽きない画像にしているし、しゃべり方、しゃべる時のタイミング、間、身体の動きとか、すごい洗練されている。計算されつくされている。


深夜の通販番組よりもちゃんと注意、注目を引くしゃべり方をしているし、普通の深夜番組のドラマなんかよりも編集カットのつなぎをしっかりしている。以前局注法度TVっていう番組があったんだけど、そういう番組よりも全然作り込んでいる。



この人、youtuberでなくても、編集とか、深夜通販の出演とかの仕事で食ってけるだろう。



新海誠が登場した時、
「一人でここまでの仕事が出来るなんて!」
という驚きはあったけれども
「素人がいきなりアニメを作って大ヒット!」
みたいな騒がれ方はしなかった。
それはアニメというのが誰にとってもすごさが分かりやすい技術で、だから自分が、って言う風にはならなかったんだと思う。
プロのレベルの能力を持ってる人間が、個人で全部パッケージングした、そしてそれは機材の進化でもたらされた。そういう受け止められ方をされていた。



ヒカキンは新海誠だ。
プロで宣伝演出が出来るレベルの人間が、youtubeという放送媒体の進化によって、ソロで商品の通販宣伝が出来るようになった、ということだ。



それなのに、世間的な受け止められかたは
「昨日まで素人だった人間が、インターネットで放送しながらお金を稼いで好きな事をして生活できる!」
だった。周りでそう宣伝されているからそういう風に受け止めてしまっていた。



それは大きな間違いだった。それに気づいた。

スポンサードリンク