読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルドヤンキーにさよならを

おすすめの漫画、アニメ、ブログ、AV機器を紹介していきます

血統書つきの動物が嫌い

スポンサードリンク

なぜなら病気に弱いから。


血統書っていうものは、みんなご存じの通りその犬や猫が、どこどこの血筋を引いて、名前のある品種であるものを証明するものです。
こういう風にかくと、「身元と血筋がはっきりしているんだったら病気に強いんじゃないの?」って思う人が多いと思います。
しかし実際はその逆で、とても体が弱い、遺伝病を持っていることが多いんです。


なぜかというと、血統書つきの犬猫というのは、その品種を維持するために、近親交配を続けることが多い。直接の近親交配でなくても、いとことか、またいとことか、そういう親戚レベルの血の近さで、交配を続けていきます。そうすると、どうしても遺伝病が発現するリスクが上がっていきます。片方の腎臓が動かなかったり、目が見えなかったり、生まれつきそういう障害を持った子供が生まれやすくなります。そういう障害をもっていても、外側からわからないあったり、発言するのが大きくなってからの病気の場合、普通にペットショップなどで販売されていきます。ブリーダーも、ひどいブリーダーはとりあえずはやってる種類の犬種、猫種を大量生産するために、狭い部屋で近親交配を繰り返して、遺伝的に弱い子供を大量生産して、それをペットショップに卸します。ペットショップで、血統書つきで売られてるペット、ちゃんとしたブリーダーで血族の近さに気をつけて育てられた犬猫を販売している良心的なペットショップもありますが、そういった、ひどい育て方と販売方法をするペットショップもあります。



猫種によってよくみられる遺伝病で有名なところではスコティッシュフォールドの遺伝性骨形成異常症、エキゾチックショートヘアの多発性のう胞腎、メインクーンの、拡大型心筋症と股関節形成不全などがあります。それ以外にも、遺伝によって引き起こされる病気は、近親交配の割合が高くなれば高くなるほど、発現率も高くなります。猫よりも、犬のほうが、遺伝病、その他の病気を発言しやすいのは、犬のほうが人間によって品種改良されてきた歴史が長いからで、その分、遺伝子の多様性が少ないからだと言われています。



http://www.pet-hospital.org/cat-006.html
ここのサイトに、血統書の猫に多発する病気が出てますけれども、もう、病気のデパートみたいになってます。(その中にあるジャパニーズボブテイルの健康さ?)




ですので、犬猫を飼う場合、ペットショップで買うのをやめてほしいのです。
ちょっと調べれば、犬猫の里親探しをしている団体や個人が見つかります。犬も、猫も雑種のほうが基本的に体は強いですし、そういう場所で、飼い猫、飼い犬を探すことによって、殺処分される予定の動物が助かります。



あと、猫を飼い始めた場合、1年くらいで性成熟しますので、必ず避妊をしてください。動物がかわいそうでしたくない、という人もいるんですけれども、実際、子供が生まれて、その子供をどうするのか、と考えてください。その子供たちも一緒に飼える余裕があるのかどうか考えてください。



とりあえずカルタゴと同じレベルでペットショップは滅ぶべきだと思ってるよ。





ねこきゅうマウスパッド 65068

ねこきゅうマウスパッド 65068

スポンサードリンク