読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルドヤンキーにさよならを

おすすめの漫画、アニメ、ブログ、AV機器を紹介していきます

名前の呪術、清原和博!!

世の中の出来事
スポンサードリンク

え?!あの清原が?!
クスリ抜けたの?!

って思ったら別人だった話。

清原和博神戸マラソン4位入賞!

 神戸マラソンが20日、神戸市内で行われ、プロ野球の西武、巨人などで活躍した清原和博氏と同姓同名の清原和博(25)=クラブR2=が2時間27分38秒の自己ベストを記録し、一般参加ながら4位に入った。

 父が清原氏のファンだったことで和博と名付けられたという清原。大健闘といえる成績にも「5位以内を狙っていました。招待選手にも何人かに勝つつもりで練習を積んできたので」と笑顔で振り返った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000082-dal-spo


なんだひょー別人かよー、って思ったけれども、父親がファンで名前を付けたということ。本人が25歳なので25年前、清原24歳のころ。
そのとき、子どもが生まれた父親なのだから、きっとその父親も20~30くらいの、大体、当時の清原と、同年代でくくられる世代で、バンバン一線で活躍している清原に同じ苗字として親近感と嫉妬と自分を重ね合わせたりしていたのだろうし、生まれた子供に和博となずけるくらい、投影の対象だったのだろう。


でそんなこんなで、25年間。少なくとも24年間は、清原和博は、その偉大な清原和博であり続けたし、あり続けようとしたせいであんなことになってしまったわけで。


アイドル、神様、みんなのあこがれ、希望や夢を投影し、誰かにそれを託すという仕事をしている人間は、人の人生に大きな影響を与える。この、マラソン選手の清原和博以外にも、別の名字であやかって和博とつけられた子供も多いだろう。


それがあんなことになってしまって…、でもあんなことになってしまったのも、まわりが清原和博でいることを彼に求めたせいでもあるし…。


難しい問題だと思うし、人が人以上の存在を演じ続けるのって無理がある、概念に人はなれないんだなあ。って思った。


それができるのは、堀江由衣とか、松田聖子とか、そういう一部の神に選ばれたレベルの概念の人なのだろうなあ、と思った。田村ゆかり人間宣言をしてしまったし。

スポンサードリンク